お酒を武器にする 気分でバッカス

トップページ >> スタイル >> 気分でバッカス

クリスマス・イブはやけ酒

カレンダーにあたる

まったく、そろいもそろって役立たずだ。
「ボケ、カス、マヌケ」と大声で怒鳴りつけたくなる。
なんのために、お前なんかとつきあったと思っているのだろう。食事に誘われれば、5回に1回はOKしてあげたし、お酒だってごくまれに、1対1でもつきあってあげた。まあ、その先は期待させない態度でだったけど。それもこれも、こういうときのためなのだ。
こいつは暇だろうとにらんだ男に、クリスマス・イブはどうしているのかと探りを入れたら、旅行に出かけるだの、彼女と一緒にすごすだのと、全員、なにか予定が入っているようだ。
今年のイブは、土曜日を入れて3連休だからかもしれない。なにも年末の忙しい時に3日も休まなくてもいいではないか。
クリスマス・イブを一人で過ごさなければいけないことがほぼ確定してしまったせいで、カレンダーにでもあたらないと、怒りがおさまらない。

クリスマスを一緒に過ごせない彼

彼はいる。ただ、その彼が、クリスマスを一緒に過ごせない妻子持ちなのだ。
最初は、週末はめったに会えないことも、夏休みや冬休みも会えないことはわかっていた。それでなんの不満もなかった。だが、深夜や明け方に彼がそっとベッドから抜け出し、家に帰っていくということを繰り返すうちに、泊まってほしい、週末も一緒に過ごしたいという気持ちが強くなってきた。同時に、最初は気にならなかった彼の結婚指輪が、なんだか気にかかるようになった。
ネガティブな気持ちが強くなっているところに、クリスマス・イブがきてしまうのだ。
断られるのはわかっていても、自分が惨めになって後で落ち込むのがわかっていても、「一緒にいて」と口走ってしまいそうになる。
そんな自分を抑えるために、なにもおきない男友達と一緒にクリスマスを過ごそうとむしのいいことを考えていたのだが、あてが外れてしまった。

やけ酒でやり過ごすクリスマス

どうやってクリスマスをやり過ごせばいいのだろう。
子供にプレゼントをねだられたオヤジどもが「クリスマスじゃなくて、クルシミマスだよ」なんて、どんびきのギャグをいうが、今年の私にはまさ「クルシミマス」である。こんなギャグが思い浮かぶんだから、症状はそうとう重いに違いない。

こんな状況だとクリスマス・イブはやけ酒が一番かもしれない。彼と飲もうと、宮崎出身の友達に手を回して、ようやく手に入れたプレミアム焼酎「百年の孤独」の封を切ってしまおう。やけ酒にはもったいないが、豪華なやけ酒もいいだろう。クリスマスなのだから。イブの朝からぐいぐい飲んで酔いつぶれてしまって、クリスマスが一刻も早く去ってくれることを待つことにしよう。それにしても「百年の孤独」というネーミングは、どうだ。今の私にこれほどピッタリのものはない。

ところで、どこかに彼女ができることをあてこんでレストランを予約したのに、空振りだったというマヌケな男でもはいないだろうか。そしたら、文字通り「百年の孤独」をわかちあえると思うのだが

百年の孤独


    百年の孤独
    アルコール度数 40度
  • 百年の孤独(ひゃくねんのこどく)は、宮崎県の黒木本店の名品。こだわりの本格焼酎。幻の麦焼酎と呼ばれ、皇太子様のお気に入りということでもよく知られている。長期間貯蔵し熟成させ造り上げた本格麦焼酎の絶妙なる逸品。オン・ザ・ロックス又は水割りにて心ゆくまでご堪能いただけます。ウイスキーを彷彿とさせる味わいはまさに絶品、言わずと知れた幻の麦焼酎! 一度、味わって欲しい銘柄の一つです。
    麦焼酎で最高のプレミア焼酎。定価での入手が困難で高値で販売されていることでも有名。

なお、この名前は言うまでもなくノーベル賞作家ガルシア・マルケスの小説からとられています。飲む前に一度読んでみるものよいかもしれません。

その他のコラム

ハリウッド女優を目指せ シネマDE美人
ハリウッド女優を目指せ シネマDE美人