ハリウッド女優を目指せ シネマDE美人

トップページ >> スタイル >> シネマDE美人

アヴリル・ラビーン

パンクでロックでキュートな歌姫

2002年の衝撃のデビュー以来、
日本でも爆発的な人気を誇っているアヴリル・ラビーン。
最新アルバムのセールスは100万枚を超え、
最新シングル「girlfriend」のダウンロード数も脅威の200万件を突破。
2007年にはハリウッド映画に出演し、 自身のミュージッククリップでも
1人2役に挑戦するなど女優としても意欲的に活躍中です。
今回はそんな彼女のファッションをチェックしていきましょう!

「ハードはモテにあらず」の常識を覆す

デビュー当時から私服やライブでは
パンクファッションを貫いているアヴリルですが、
イベントやファッション誌に登場するときは姫系ファッションに身を包み、
キュートさを爆発させています。

こちらの写真は最新アルバムのプロモーションイベントでのアヴリル。
まるでディズニーのお姫様が着ているような
ロマンティックなピンクのキラキラロングドレスで登場しました。
でも良く見てみると、超ハードな編み上げブーツにまっ黒なネイル、
アイシャドウには目の覚めるような赤。
アルバムのロゴに使われた「ハートとドクロ」もそうですが、
アヴリルファッションの特徴は、極端に甘ったるい女の子アイテムに、
ごつめのロックテイストを組み合わせるところ。
このギャップにやられてしまった男性も多く、ロック少女の宿命
「ハードはモテにあらず」の常識を覆したのがアヴリルなんです。
でもこのスタイル、気をつけないと
チープな中学生ファッションになってしまうので要注意。
アクセサリーやバックなどポイントとなるアイテムには
ある程度値の張るものをチョイスしないとオシャレに決まらない、
もっともお金のかかるジャンルでもあるのです。

センスもピッタリなロックカップル

ピンクのエクステが似合いすぎのアヴリル。
その隣にいるのは、旦那様のデリック・ウィブリーです。
彼はカナダの人気バンド「SUM 41」のギターを務めるバンドマンとのこと。
日本でもパンク少女の彼氏はパンク野郎が定石です。
彼女たちは文系男子やホスト系男子なんかいっさい目に入りません。
しかしここまでファッションセンスがピッタリ一緒だと、ある日突然どちらかの服の好みが変わってしまったら
どう釣り合いを取っていくのでしょう…?と、いらぬ心配をしてしまうほどお似合いな2人なのでした。

その他のコラム