不倫でも愛されたい〜婚外恋愛の罪と“蜜”〜

トップページ >> コラム >> 婚外恋愛の罪と"蜜"

#8.婚外恋愛十人十色

こんにちは。
冬の足音が、少しずつ近づいてきましたね。
理香は、寒いのが苦手。
なので、冬眠時期に入る前のこの時期、自主的に、フィットネスクラブにいって、体を鍛えてます。眠っていた脂肪を、フルに呼び起こしてます。

さて、今回は、婚外恋愛のあり方についてお話ししてみたいと思います。

デートをことわった理由

10組のカップルがいれば、その恋愛模様も様々。恋愛のあり方も、人それぞれ違って当たり前。
理香には、二人の彼が居て、双方そのおつきあいの仕方も違っています。
A君とは、わりとフランクに、家庭での話しが出来るの。A君は、子供も居ないし、自分から話をする事は、ないけれど、聞かれれば、子供の話もします。
B君とは、なんとなく家庭の話は、タブーって雰囲気があります。子供の年も近いし、やっぱり理香的には、あまり耳を傾けたくないかな。

でも、家庭の事情で、楽しみにしていたデートが急遽キャンセルに。
こんな時、理由を話さずに、『明日、会えなくなった。ごめん。』なんて、いわれても、納得出来ないですよね。
けど、『家庭内のごたごたで会えなくなった。』これは、どうする事も出来ない。
楽しみにしていても、彼の心情を察して、『また落ち着いたら、いつでも会えるから。』そんな言葉をかけるしかないですよね。

もちろん理香も家庭の事情で、突然のデートをキャンセルした事があるんだもの。それは、お互い家庭のある身だからね。家庭より恋人を優先なんて事出来ないですよね。
実は、問題は、この先なんです。次に会った時に、その家庭の諸事情で会えなかった理由を相手に話すかどうかが。

家庭の話も聞いてあげる

B君の家庭は、正直あまりうまくいってなくて、彼は、かなり憔悴しきっている。
本当は、あまり聞きたくないんだけど、そんな彼を見かねたときは、家庭の事を聞いてあげることにしているの。だって、男性が家庭での事を話せる人って、そんなにいないでしょ。男同士の会話の中で、家庭内のダークな話しをされても、みんなが引いちゃうだろうし。
もちろん最初は、拒否反応示したよ。けど、色々な体験から、時々なら聞いてもいいかなって。
彼から、話す事もあまりないんだけど、ついつい、最近どぅ?って。少しでも吐き出す事になって、楽になればって思うから。
でも、毎回、家庭の話しをされたりするのはいやだし、そういう彼は苦手なんだけど、時々...彼が家庭の事で悩んでいる時は、そんな心のトゲをとってあげられる心の広い女でいたいと思う。

今考えれば、理香が、家庭の事で悩んでいた時、彼は、話しを聞いて、励ましてくれたし・・・。
理香は、自分がしてもらった事は、忘れてしまう性格のようです(泣)。

blogをはじめて、色々なブロガーさんの所にお邪魔して、感じました。
家庭の話は、一切タブーなカップル。子供の年が、近くて、子供の話を普通にするカップルと様々で、婚外恋愛だからといって、一概に家庭の話がタブーだとは、言い切れないのかなと。

要は家庭の話をしようがしまいが、お互いの絆が出来ていれば、すんなりと受け入れられるのかもしれませんね。

さてさて、次回お会いする時は、クリスマス前の慌しい時期ですが、みなさんそれまで風邪など引かないようにして下さいね。

その他のコラム

元銀座高級クラブホステス桜の「普通じゃない夜」 元銀座クラブホステスのお水の花道の裏側
普通じゃない夜

カリスマ出張ホスト秋津京介のLOVE&SEXホントは覗いてみたい出張ホストとの一夜
カリスマ出張ホスト秋津京介のLOVE&SEX

サブコンテンツ

プロフィール

Writer:理香
夫だけを愛すること誓ったハズが……現在は2人の男性と婚外恋愛中。タブーを破ってしまったのにはワケがある!?“不倫”だけど一生懸命、“不倫”だから感じる痛み……平凡な人妻のチョット平凡じゃない恋愛のカタチ。

ブログ:『◆人妻が、Hじゃダメですか?◆2人の彼と婚外恋愛中