不倫でも愛されたい〜婚外恋愛の罪と“蜜”〜

トップページ >> コラム >> 婚外恋愛の罪と"蜜"

#1.夫の浮気、母親化した私、そして……人妻合コン

神の前で、愛の誓詞を謳い
そんな『愛』の誓いは、あっけなく破られてしまった。

最初に裏切ったのは、夫だった。私が、子育てに追われ、女の姿を忘れている頃だった。

当時の私は、半分女を捨て、母の顔になっていたのだと思う。パートナーには、常に異性であり続けて欲しい。そんな考えを持つ夫。夫は、母となった妻に
『女』は求めず、他に『女』を求めた。誓いを破る時、それは、相手が異性と思えなくなった時かもしれない。

私は、ひょんな事から、夫の浮気を知った。普通なら、怒り狂い、夫に問い詰めるだろう。しかし、私は、夫の『浮気』を、封印した。夫の裏切りを墓場まで
持っていくつもりで。私は、夫の裏切りによって、『母親』ではなく、一人の『女』として生きて行く事を誓ったからだ。

もう一度、輝きを取り戻させてくれる、きっかけを作った事に感謝すらしている。

人妻の私たちが、輝き生きる為には、誰かに、『女』として認められ、愛される事が必要だ。現に私の友人のマユが、その一人だ。マユは、自らの意思で、出
会い系に登録をして、そこで、知り合った男性と恋に落ちた。彼女をそうさせた『きっかけ』は、夫が、彼女を抱けなくなったからだ。

夫婦仲は、とっても良い。夫が浮気をしている様子もない。ただ、夜になると、マユを避けるように寝室に行ってしまう。理由は、分からない。

マユは、私に・・・『女には、賞味期限がある。女として、一番いい時期に誰からも、愛されないのは、悲しい。私を求める人がいるのであれば、私の体は、
その求める人の為に、活かされる。』と言った。マユは、他の男に溺れ、女としての悦びを知った。

出会い系・・・人妻の登録も少なくないだろう。でも、私は、もっと違った出会いを求めていた。
顔の知らない男ではなく。生身の男と直で接したかった。

去年、離婚をし、一人身になったカナにマユの話をした。

『えっ。出会い系・・・そんなんじゃなくてさぁ〜やっぱり人妻合コンでしょ。
今度、会社の取引先の人たちと、飲み会するのよ。相手も既婚者ばかりなんだけど、人妻と合コンしたいっていうからさぁ〜理香にも参加して欲しいんだぁ〜』

カナから誘われた『人妻合コン』。これが、私を不倫へと導いたきっかけになった。学生時代の合コンと何ら変わりない。双方既婚者というだけだ。気を使わ
ず飲める。そんな時間が楽しかった。

私は、人妻合コンにハマった。

ただ・・・楽しいはずの合コンも、気持ちを動かす人が現れると苦しくなる。出会った相手と『不倫』というラインを超える瞬間は、正直戸惑った。でも、一
度超えてしまったら、麻痺してしまうんだと思う。

夫に出来ない事を相手に求めた。裸になれば、淫らになり、時には、子供のように拗ね、甘える。
そうして、結婚生活をコントロールしているのかもしれない。

現在・・・二人の彼と婚外恋愛をしている。時々自問自答してみる。

『今の私って幸せ? 』

答えはもちろん・・幸せだ。夫が居て、愛する人が二人いる。この上ない幸せだ。心身ともに満たされている。

その他のコラム

元銀座高級クラブホステス桜の「普通じゃない夜」 元銀座クラブホステスのお水の花道の裏側
普通じゃない夜

カリスマ出張ホスト秋津京介のLOVE&SEXホントは覗いてみたい出張ホストとの一夜
カリスマ出張ホスト秋津京介のLOVE&SEX

サブコンテンツ

プロフィール

Writer:理香
夫だけを愛すること誓ったハズが……現在は2人の男性と婚外恋愛中。タブーを破ってしまったのにはワケがある!?“不倫”だけど一生懸命、“不倫”だから感じる痛み……平凡な人妻のチョット平凡じゃない恋愛のカタチ。

ブログ:『◆人妻が、Hじゃダメですか?◆2人の彼と婚外恋愛中