元銀座高級クラブホステス桜の「普通じゃない夜」

トップページ >> コラム >> 普通じゃない夜

指名されたくないお客様

高級クラブには毎日多くのお客様がいらっしゃいますが、今日はその中でも特に”指名されたくない”お客様ワースト3を発表したいと思います。

 
まず、ワースト3は、会話してくれないお客様です。
高級クラブに高いお金を払っているのに、会話してくれないことなんてあるの?とお思いの方もいるかと思いますが、これがいるんです!!

そのケースの一つ目は、席についたホステスがお客様の好みのタイプからかけ離れていたり、どうしても女性として生理的に受け付けないケースです。
こういった場合は仕方ないので、女性を変えてもらうことで解決できるのでまだいいかもしれません。

でも次のケースがやっかいです。
お客様が接待なのでいらしたけれど、「疲れてるから話をしたくない。俺に構わないで。」といわれるケースです。
嫌われてもいないけれど、接客もしにくいしお客様は一人で休む気満々!
あの手この手で仲良くなってお話してくださる方もいますが、中にはどうしても「頼むからしゃべりかけないで」と言われるのです。
しかもこういう場合に限って、接待する側は「頼むから相手して楽しませてくれ」と言うのです^^;
このような場合は仕事柄、難しく感じてしまいますね。

次に、ワースト2は、人を見下すお客様です。
ホステスは下級社会の召使だと思っている方たちです。
「あれをやれ!」、「これをやれ!」と次から次へと注文をつけ、やることがなくなったら、ホステス達を見下した発言を繰り返します。
”ホステスなんか社会で生きる価値がない”というようなことをいってくるので、正直精神的にもツライですね。
いくらお客様とはいえ、人としての節度はわきまえていただきたいと思いましたね。

そして、ワースト1は、酒癖が悪いお客様です。
高級クラブは泥酔したお客様の入店はできないようにしていますが、店内でお酒を召し上がって泥酔した際はよほどひどくない限りは帰したりするようなことをしません。(お会計がからみますからね^^;)
酒癖が悪いと一言でいっても、わがままを言う方もいれば、ホステスの体を触りまくったり、いやらしい目でなで回したり、暴言をはいたり、お会計に文句をつけたり・・・と様々ですが、やはりホステスとしては人としてのマナーがないお客様の席にはつきたくないものです。
泥酔されると他のお客様にも迷惑をかけることになりますし、ホステスもスタッフもお店も誰しもが気分を害されます。

高級クラブはお酒を飲む場であっても、泥酔するような場ではないので、こういった理解がないお客様には正直指名されたくありませんね。

その他のコラム

カリスマ出張ホスト秋津京介のLOVE&SEXホントは覗いてみたい出張ホストとの一夜
カリスマ出張ホスト秋津京介のLOVE&SEX

不倫でも愛されたい〜婚外恋愛の罪と“蜜”〜 タブーだけど好き。不倫妻の心とカラダ
婚外恋愛の罪と“蜜”